anmaru

難病(LAM/リンパ脈管筋腫症)あんこが、日々のことを書き散らす!!散らかっていてごめんなさい!

体重を増やそう!呼吸には体力がいる!だから体重キープも大切だね。

 

体重を増やす決意

 

f:id:anko-maru:20210510142324j:plain

 

 

何故?

当時、あんこはやせてきていた。

そして筋力もだいぶ落ちてしまっていた。

体重は最低値を更新し、在宅酸素療法導入のきっかけにもなってしまった。

 

ここ何年か息が苦しくなるので、歩く速度がかなり遅くなっていたのだ。

階段もほぼ使っていないし坂道も避けている。

 

そんなわけで、気づけば太もも、ふくらはぎの筋肉がなくなっていた。

コワイ。すごく気持ちが悪い。

ぜい肉が少なく背骨感がすごい。コワイ。コワイ!

仕事に疲れて、体のことをおろそかにしてしまっていた。

気づけなかったのだ。

分かってはいるけれど、脳が深刻に受けとめることができていない状態。

後回しにされていた私の体。

 

やせに気づけた瞬間

コロナで職場が変わり、時間ができ、心にも余裕ができた。

鏡を見ることも増えたのだと思う。そこで、やせ具合に気づく!

ひぃ~骨~!

酸素導入にいたってもまだ心に響かなかったことだったのに!

どうにかしないとやばいと感じた。

じわじわ進むとこんなものだと思ってしまう。

ゆっくり進むということの怖さを知る。

 

太るために何から始めようか?

まず、食生活を見つめてみた。

すると、圧倒的にたんぱく質の摂取量が少ないことに気づく。

肉や魚をあまり食べていない!

びっくりした。

あれ!?いつのまにこんなことになっていた?

何かしら食べているから大丈夫といような考えでいた。

食事をおろそかにしていた。

 

とりあえずやってみたこと

①プロテインを試す

プロテインは合わなかった。お腹が張って苦しい、苦しい。

②お菓子→魚肉ソーセージ、ちくわ、チーズに置き換える

お菓子は食べても意味がないと言いきかせ、

小腹がすいたら、身になるものを食べるようにした。

しかし、飽きた。根本的に魚肉ソーセージは好きでなかったし。

ある程度しか体重は増えなかった。

 

そもそも食事なのだ!

f:id:anko-maru:20210510164346j:plain

3食きちんと食べれるように、休みの日におかず作り置きするように努めた。

なるべくいろいろ食べる。

肉・魚は積極的に食べるようにした。

そうすると、お肉が食べたい!と食欲がわくようになったのでした。

食べないでいると、食べなくても平気だったのに。不思議。

 

基本の食事を大切にした。

 

いろいろ食べるようになると、あれもこれも作ろうと思うようになったし、

食事が楽しくもなった。自分で作ると美味しい!(味付けは自分好みだからね)

面倒くさくて、作れないときもあるけれど。

 

筋肉を増やす!

そしてもう一つ。

筋肉を増やす。

歩く時は、お尻からふくらはぎの筋肉を意識して歩くようにした。

少しは坂も階段も歩く。

酸素ボンベがあるので、以前よりもしっかり歩くことができる。

以前はフラフラしていたなぁ私。

 

結果、今現在

増えてきましたよ!

往年の体重まであと少し。

体重を意識して1年。

食事と運動の大切さを知る、あんこでした。